アットベリー口コミ

アットベリーはシミに効果的な「3つの対策」をクリアしている?

薬用アットベリージェルは、ワキ・二の腕・ヒザ・ヒジに出来た黒ずみやぶつぶつ(毛孔性苔癬)をケアすることができる、低刺激の美容クリームです。

薬用アットベリージェル

そんなアットベリーは黒ずみを美白にする働きに期待ができますので、同じく肌のお悩みである「シミ」にも効果はあるのでしょうか?

  • シミの原因と改善に欠かせない3つの対策
  • アットベリーでシミは改善可能?

といった事を紹介していきたいと思います。

 

シミの原因と改善に欠かせない3つの対策

黒ずみが出来る原因とシミが出来る原因って少し似ているんですよね。

  • 黒ずみの原因・・・皮膚への摩擦による刺激や乾燥によってメラニンが生成→色素沈着で黒ずみに
  • シミの原因・・・紫外線などによってメラニンが生成→色素沈着でシミに

といったように、黒ずみとシミの原因にはメラニンの生成という共通点があったのです。

通常、メラニンが生成されてもターンーオーバーで角質と共に垢となって剥がれ落ちますが、加齢や肌の乾燥によってターンオーバーが遅くなり、色素沈着してシミや黒ずみができてしまっているのです。

 

よって、シミを改善&防ぐためには、

  • 紫外線(UV)対策
  • 角質ケア
  • 保湿

といった3つの対策が必要になります。

では、アットベリーはこれらのケアは可能なのでしょうか?

 

アットベリーはシミにも効果が期待できる!

結論をお伝えすると、アットベリーはシミにも効果的と言えるでしょう。

その理由としては以下の2つがあります。

  • プラセンタで角質ケア
  • 6種類の保湿成分を配合

それぞれ詳しく解説していきます。

プラセンタで角質ケア

プラセンタ

アットベリーの主要成分の1つであるプラセンタは、美白効果やエイジングケアで注目されている成分です。

プラセンタは新陳代謝を活性化させる働きがありますので、ターンオーバーをサポートする効果があります。

ターンオーバーをサポートするとにより、古くなり黒ずんだ角質を新しい細胞へ生まれ変わらせて、シミを改善する働きに期待ができます。

 

6種類の保湿成分を配合

アットベリー保湿成分

6つの保湿成分

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、トレハロース、アラントイン

薬用アットベリーでは6種類の保湿成分を配合しているので、肌の乾燥を防ぎターンオーバーを正常に戻す事が可能です。

特にセラミドは、メラニンの生成を抑制する働きが期待できますので、シミとの相性は良いでしょう。

他に甘草フラボノイドという成分も、メラニンの生成を促す酵素の活性を抑える働きがありますのでシミ対策には効果的でしょう。

 


 

シミを改善&防ぐためには以下の3つの対策が必要とされていましたよね?

  • 紫外線(UV)対策
  • 角質ケア
  • 保湿

 

あれ?

紫外線(UV)対策は?

と気になった方もいると思いますが、アットベリーでは紫外線(UV)対策には期待ができないでしょう。

一般的な日焼け止めクリームには「紫外線吸収剤」が配合されているのですが、薬用アットベリーには配合されてい無いからです。

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤とは、肌の表面に当たった紫外線を吸収し肌の内部に侵入するのを防ぎ、皮膚の外へ放出される働きがあります。

 

そんな紫外線(UV)対策として重要な紫外線吸収剤ですが、実は肌荒れを起こす可能性があるんですよね...

薬用アットベリージェルは敏感肌でも使えるように開発された美白保湿ジェルですので、紫外線吸収剤のような添加物を配合していません。

薬用アットベリー成分

アットベリーが紫外線対策よりも安全性をとったのは、アットベリーが”黒ずみケアジェル”だからです。

ですので、紫外線(UV)対策は他の日焼け止めで補いましょう。アットベリーと日焼け止めも併用しても問題ありませんよ。

 

とはいえ薬用アットベリーには

  • プラセンタで角質ケア
  • 6種類の保湿成分を配合

といった2つの効果もあり、シミとの相性が良い成分が豊富に配合されていますので、既に出来てしまったシミ改善としては期待が出来るでしょう。

黒ずみにもシミにも悩んでいるといった方は、アットベリーを使ってみる価値はあるかと思いますよ^^

 

シミをこのまま放置して紫外線を浴び続けると皮膚癌の元になる可能性があり大変危険です。たかがシミだからといって放置せずに早めの対策が必要です。

 

-アットベリー口コミ

Copyright© アットベリーの悪い口コミ『写真アリ』黒ずみへの効果なしってマジ? , 2019 All Rights Reserved.