アットベリー口コミ

アットベリーの全成分をチェックして分かった黒ずみへの効果と危険性

薬用アットベリージェルは、ワキ・二の腕・ヒザ・ヒジに出来た黒ずみやぶつぶつ(毛孔性苔癬)をケアすることができる、無添加で低刺激の美容クリームです。

薬用アットベリージェル

そんなアットベリーを使おうと思ったら、

  • どんな成分が黒ずみに効果があるの?
  • 危険な成分は含まれていない?

といった配合成分に関して気になりますよね。

そこで今回はアットベリーの効果の秘訣である成分の安全性について紹介していきたいと思います。

アットベリーの全成分と黒ずみへの効果の秘訣

まず初めに薬用アットベリーの全成分を記載しておきます。

有効成分:水溶性プラセンタエキス【豚由来・黒ずみブツブツ用】、グリチルリチン酸ジカリウム【抗炎症】

その他成分:トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液(4)、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ニンジンエキス、トウキエキス(1)、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス(1)、クララエキス(1)、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、1,3-ブチレングリコール、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、2-エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

それぞれの成分の特徴と働きを詳しく見ていきましょう。

アットベリーの2つの有効成分

アットベリー有効成分

  • グリチルリチン酸2K・・・漢方の原料で有名な「甘草」の根に含まれる成分。炎症を抑え肌れやニキビのケアに有効
  • 水溶性プラセンタエキス・・・肌の新陳代謝(ターンオーバー)を高め、黒ずみ(色素沈着)が出来るのを防ぐ効果に期待

プラセンタエキスが細胞を活性化させメラニン色素の生成を抑え美白に導き、グリチルリチン酸2Kが肌の炎症を抑え、黒ずみやぶつぶつを改善しキメの細かい肌に導きます。

 

5つの美白成分

アットベリー美白成分

薬用アットベリーには「グリチルリチン酸2K」と「水溶性プラセンタエキス」の他に、3つの美白成分を配合した合計5つの美白成分を配合してます。

  • 甘草フラボイド・・・黒ずみの原因であるメラニンの生成を促す”チロシナーゼ酵素”の働きを抑制
  • トウキエキス・・・美白効果やターンオーバー促進、抗炎症作用、保湿効果
  • エイジツエキス・・・美白効果や皮脂細胞の活性化作用、肌荒れ防止、保湿効果

 

6種類の保湿成分

アットベリー保湿成分

  • セラミド・・・バリア機能により外部からの刺激や細菌の侵入を防ぐ、黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制しシミやシワを防ぐ働き
  • コラーゲン・・・肌の潤いを維持する保水効果
  • ヒアルロン酸・・・肌に弾力を与えシワやたるみを予防
  • エラスチン・・・肌に柔軟性を与える働き
  • トレハロース・・・皮膚保護剤。古い細胞や角質が剥がれるのを助ける(ニキビ治療薬やリップクリームにも使用されている)
  • アラントイン・・・新しい皮脂細胞の増殖を増やし、古い角質や細胞が剥がれ落ちるのをサポートする

これらの保湿成分により肌に潤いを与え、乾燥による黒ずみを防ぎ滑らかな肌に保ちます。

 

5種類の植物成分で美肌へ

アットベリー植物成分

  • アロエエキス・・・保湿効果や抗炎症効果、美白効果
  • シャクヤクエキス・・・皮脂のバランスを整える保湿効果や、抗炎症効果、血行促進にも期待
  • 人参エキス・・・保湿効果やターンオーバーの促進、肌荒れ予防の働き
  • クララエキス・・・ニキビや肌荒れ防止や、ターンオーバーの促進、美白効果、皮膚の弾力を維持する働き
  • ワレモコウエキス・・・抗菌・消炎作用でニキビや肌荒れを防止

 

ニオイケアにも有効

アットベリー匂い

ワキやVIOの黒ずみが気になると匂いも一緒に気になりませんか?

身体の中でも汗をかきやすく蒸れやすいワキとVIOは雑菌の繁殖により匂いが出やすい部位でもあります。

アットベリーは全身に使える黒ずみケアジェルですのでニオイケアにも有効な成分が配合されています。

  • 桑エキス・・・抗菌作用により雑菌の繁殖を抑える働き
  • 天然ビタミンE・・・肌の老化や肌荒れを予防し、肌のターンオーバーや血行を促進

「生理前の痒みや匂いが改善された」といった口コミもありますのでニオイケアにも有効と言えるでしょう。

関連記事アットベリーはデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみにも効果的?

 

アットリーの成分に危険性はない?

「アットベリーは危険性はないの?」といった事が心配になるかと思いますが、薬用アットベリージェルの全成分をチェックしてみると、危険な成分は含まれていないということが分かりました、

 

アットベリーは肌に刺激を与える添加物を一切配合していません。

薬用アットベリー成分

アットベリー不使用

着色料、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベン

敏感肌や乾燥肌でも使いやすい肌に優しい低刺激処方となっています。

アットベリーは元々は顔用の美白美容ジェルとして開発された商品ですので、デリケートなワキやVIOの黒ずみケアは得意なんです。

なので安全性の高さは信頼できるかと思いますよ。

アットベリー公式サイトはこちら

 

肌に合わなかったときでも安心の180日間全額返金保証

180日返金保証

薬用アットベリーは安全な成分で作られていますが、誰でも100%安全とは言い切れません。

使い始めは問題なかったけど1ヶ月経ってからアレルギー反応を起こしたといったこともよくある話です。

薬用アットベリーは、公式サイトで購入した場合に限り180日間全額返金保証が付きます。

もし、アットベリー肌に合わずに肌荒れを起こした場合でも、商品代金を全額返金して貰えますので安心です^^

  • 1個全部使い切っても返金対象
  • 肌荒れの証拠写真などを送る必要も無し

薬用アットベリーの返金保証の受け方は、アットベリー180日間返金保証の手続き方法をごらんください。

 

アットベリーは品質にも力を入れていた!

最近、海外製の美容商品を多く見かけますよね。海外製の美容商品は外人向けの刺激が強い成分で作られている事が多く、日本人の肌には合わない場合があるんですよね。

薬用アットベリーは東京都千代田区に本社を置く「株式会社ファーストフレンズ」が販売している日本製となっていました。

成分と同時に製造元も調べてみましたが、国内生産を確認できました。

アットベリー日本製

薬用アットベリーは厚生労働省に認めた有効成分を配合している医薬部外品ですので、厳しい基準と徹底した品質管理で製造されていますよ^^

アットベリー品質

  • 医師が正しいスキンケア情報を発信する「スキンケア大学」で紹介
  • 脱毛サロン「ミュゼプラチナム」でも使われている

といった実績もありますので黒ずみケアに期待ができそうです。

アットベリー公式サイトはこちら

 

-アットベリー口コミ

Copyright© アットベリーの悪い口コミ『写真アリ』黒ずみへの効果なしってマジ? , 2019 All Rights Reserved.