アットベリー口コミ

薬用アットベリージェルは日焼けにも効果的?

薬用アットベリージェルは、ワキ・二の腕・ヒザ・ヒジに出来た黒ずみやぶつぶつ(毛孔性苔癬)をケアすることができる、低刺激で敏感肌や乾燥肌でも使える美容クリームです。

薬用アットベリージェル

肌の黒ずみに似ているものとすれば日焼けが思いつきますよね。

日焼け跡が残ってしまった黒い肌

これってアットベリーで改善できるの?

といった事を調べてみました。

また、アットベリーは日焼け対策としても有効なのかも調べてみました。

アットベリーで日焼け跡を改善できる?

結論からお伝えすると、アットベリーは日焼け跡のケアに有効だと言えます。

 

黒ずみの原因であるメラニン色素は、皮膚の擦れや刺激によって生成されます。通常メラニン色素はターンオーバー(肌に生まれ変わり)によって体外へ排出されるのですが、強い紫外線や刺激を受けると、肌に蓄積されなかなか改善しません。

日焼けになるくらいですから強い刺激である事が予想されますね。

 

アットベリーでは以下の美白成分が配合されています。

アットベリー有効成分 アットベリー美白成分

  • グリチルリチン酸2K・・・漢方の原料で有名な「甘草」の根に含まれる成分。炎症を抑え肌れやニキビのケアに有効
  • 水溶性プラセンタエキス・・・肌の新陳代謝(ターンオーバー)を高め、黒ずみ(色素沈着)が出来るのを防ぐ効果に期待
  • 甘草フラボイド・・・黒ずみの原因であるメラニンの生成を促す”チロシナーゼ酵素”の働きを抑制
  • トウキエキス・・・美白効果やターンオーバー促進、抗炎症作用、保湿効果
  • エイジツエキス・・・美白効果や皮脂細胞の活性化作用、肌荒れ防止、保湿効果

これらの成分が、紫外線で日焼けしてメラニンが生成された肌に、働きをかけ、潤い成分によりターンオーバーを促進し、肌の日焼けを改善をします。

中でも「水溶性プラセンタエキス」は、国が効果効能を認めた「医薬部外品」となっていますので、美白効果に期待ができるでしょう。

 

まとめ

黒ずみの日焼けも、共にメラニン色素が関係している肌トラブルの1つですので、薬用アットベリーは日焼け跡の改善にも期待ができるでしょう。

 

アットベリーは日焼け止めとしては使えない

薬用アットベリーは日焼け跡の対策としては有効という事が分かりました。

でも、日焼けってできる前に防ぎたいものですよね...

薬用アットベリーは美白効果に期待ができますので、日焼け止めとしては使えるのでしょうか?

 

結論としては、アットベリーは日焼け止めとしては使用は出来ないでしょう。

 

理由としては、一般的な日焼け止めクリームなどに配合されている「紫外線吸収剤」をアットベリーには配合していないからです。

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤とは、肌の表面に当たった紫外線を吸収し肌の内部に侵入するのを防ぎ、皮膚の外へ放出される働きがあります。

紫外線吸収剤を配合していない理由としては、肌荒れを起こす可能性がある成分だからです。

薬用アットベリージェルは、敏感肌や乾燥肌でも使えるように開発された商品で、肌に刺激を与える添加物などは配合していません。

薬用アットベリー成分

 

結論としては、

薬用アットベリーは日焼け止めとしては使用できませんが、日焼け跡の改善には期待ができます^^

 

-アットベリー口コミ

Copyright© アットベリーの悪い口コミ『写真アリ』黒ずみへの効果なしってマジ? , 2019 All Rights Reserved.